そこに「やるべきシゴト」があるなら

全速力でカタチに変えて、

最高のサービスを提供する。

こだわりは“ 顧客足指数 ”

荷物の変更、集荷地や配送先の変更、日時指定の変更など、

パートナーの急なリクエストに瞬時に窓口一本で完結できる。

それがHRLs /北信リアルロジスティクスです。

リアルロジスティクスで紡ぐ、

理想のパートナーシップ。

 

ロジスティクスという概念を実践し実際にサービスとして具現化するために必要なこと、

それは「強靭なフィジカル」と「企業人格」です。

 

人と車はもちろん、倉庫や機器・システム、ノウハウに至るまで、

さまざまなジャンルのあらゆるニーズに応え得る基礎体力がなければ、

どんなに優れたプランや理念を掲げても「絵に描いた餅」に過ぎません。

 

わたしたち北信運輸が半世紀にわたって積み上げてきた経験、

そしてゆるぎない信念は、人のチカラに帰結します。

 

最良のサービスで構成される「HRLs(北信リアルロジスティクスシステム)」は、

物流のレスポンスと再現性にこだわり、より実践向けに追求した独自のサービス体制。

 

スピード感を持って、持続可能かつ再現性豊かな「理想のパートナーシップ」を形成します。

テクノロジーと人間力の融合

3PLを実践する物流事業者には、多くの場合大きな弱点が見受けられます。それはシステムに頼り全体運用がパッケージ化されていることによって起こるデメリットです。

荷主企業において日常的に発生する「荷物の変更」「集荷地や配送先の変更」「日時指定、予定日の変更」など、直前での急なリクエストに応えるためには「アナログ操作」の質の高さが求められます。

HRLs/OS3PLという独自のオペレーションはシステムに全面的に依存することなく、瞬時に窓口一本で完結することを可能としています。

ヒト中心の仕組みだからこそ出来る一味違った3PLサービスをワンストップで叶える…それが北信リアルロジスティクスシステムです。

ハードウェア

ソフトウェア

ヒューマンウェア

車両計86台、倉庫総面積2,342㎡、現在車両増車と次世代型新倉庫「ハイブリッド定温倉庫」を計画中。

運行管理システムとして信頼性の高いYAZAKIのEWSTRA-WEBを活用し、運行状況を常時管理し遅延や事故を防ぎながら安全運行に努めています。

また、当社オリジナルの配車システムを開発、様々な改良を重ね配車業務のペーパーレス化を実現。紙ベースやホワイトボードなどによる配車に起こりがちなオーバーブッキングや配車漏れを排除し、より確実性の高い受注管理を徹底しています。

ESTRA-WEB

求められるのは「人間力」

高品位な物流プランの策定と実行には、蓄積されたノウハウとスキル、そして柔軟性が求められます。

さらに、物流従事者としての責任とプライドを片時も忘れない「人間力」を併せ持つことで、ドライバーや作業員、事務スタッフなどの垣根を超え、企業人としての誇りを持った「現場人間力」は初めて完成します。

お客さまのあらゆるニーズに応えられる「人間力」、それが当社が誇る「ヒューマンウェア」です。

TRANSPORT

運送事業

目標は“常時国網羅”

長距離 × 拠点 × 提携で、

いつだって、何処へでも。

 

柔軟な発想で2024年に備え、

ピンチをチャンスにえる。

 

いわゆる『2024年問題』 は物流事業者だけに限ったことではありません。

物流業者が策定する様々な対策は、確実に荷主企業の利便性をも低下させることになります。

多くの物流事業者が講じる三つの対策について

「① 省力化・省人化」はサービス品質の低下を、

「② 高付加価値化」はコストアップを、

「③ 事業規模の拡大」はサービス規模の縮小を、

 それぞれ荷主企業や消費ニーズにとって大きな不都合を招きます。

 

2024年以降も荷主企業が求める恒久的なサービスを提供し続けるためには、

カタチやシステム・規模にとらわれない拠点構築やアライアンス編成が不可欠。

 

わたしたち北信運輸は、

他社とは一線を画す独自戦略で顧客ニーズに応え続けます。

拠点提携先募集中 》

物流のご相談はコチラ 》

STORAGE SERVICE

倉庫事業

優れた張性と抜群のロケーション

あらゆるカテゴリで、

より践的なSCMが叶う。

 

シンプルで再現性豊かな

実践的SCMをスピーディに構築。

 

SCM(サプライチェーンマネジメント)はグローバル企業だけの概念ではありません。

日々変化する荷主企業の案件規模やニーズに高いレスポンスで応えるためには

「全体構築」よりも「個別対応」が断然有利なのはいうまでもありません。

 

また、「ちょっとの期間だけ預かってほしい」「夜中や休日も出荷出来る?」「どんな物でも預かれる?」など、

荷主企業のあらゆる要望に柔軟に対応するためにはキャパシティとスペックのみならず、

ハンドリングしやすいパーティション管理と時短条件が揃っていなければなりません。

 

わたしたち北信運輸のストレージサービスは、優れた拡張性と抜群のアクセスで

あらゆるニーズに最適なパフォーマスをご提供いたします。

NEW PROJECT

次世代型ストックサービス

北信運輸では現在、恵まれたロケーションを活用し

徹底した品温管理を多層構造で構築可能な「ハイブリッドストレージ・プロジェクト」が始まっています。

医薬品、化粧品、原料バルクや末端流通製品はもちろん、

シビアな温度管理が要求される食品や飲料など、

高温多湿、寒冷、豪雪、降雨量といった地域特有の環境に対応することはもちろん、

それぞれ理想とする温度・湿度をアイテム別に独立したコントロールを可能とした、

新たなコンセプトの次世代型ストックサービスを展開する予定です。

「こんなこと出来る

〜 そこから始まる新たな信頼関係 〜

創業以来、いかなる難題も持ち前のチャレンジスピリットで解決してきました。

地域の皆様に育てていただきながら共に歩んで半世紀、

まだまだ私たちには出来ない事の方が多いのが現実です。

でもそれは「大いなる伸びしろがある」ということ。

 

「まだまだ出来る!」

あくなき向上心、それが私たち北信運輸の原動力です。

ご相談は コチラ

関連会社

わたしたちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

北信ホールディングス株式会社

〒930-0383 富山県中新川郡上市町上条沖19番地

TEL:076-473-2203 FAX:076-473-9243

https://www.hokushin-tr.co.jp

e-mail:info@hokushin-tr.co.jp

有限会社ユニバーサルエクスプレス

富山建材運輸株式会社

北信物流サービス有限会社

有限会社吉田モータース

Copyright(C) 2022 北信運輸株式会社 All Rights Reserved.

こだわりは“ 顧客足指数 ”

荷物の変更、集荷地や配送先の変更、日時指定の変更など、

パートナーの急なリクエストに瞬時に窓口一本で完結できる。

それがHRLs /北信リアルロジスティクスです。

リアルロジスティクスで紡ぐ、

理想のパートナーシップ。

 

ロジスティクスという概念を実践し実際にサービスとして具現化するために必要なこと、

それは「強靭なフィジカル」と「企業人格」です。

 

人と車はもちろん、倉庫や機器・システム、ノウハウに至るまで、

さまざまなジャンルのあらゆるニーズに応え得る基礎体力がなければ、

どんなに優れたプランや理念を掲げても「絵に描いた餅」に過ぎません。

 

わたしたち北信運輸が半世紀にわたって積み上げてきた経験、

そしてゆるぎない信念は、人のチカラに帰結します。

 

最良のサービスで構成される「HRLs(北信リアルロジスティクスシステム)」は、

物流のレスポンスと再現性にこだわり、より実践向けに追求した独自のサービス体制。

 

スピード感を持って、持続可能かつ再現性豊かな「理想のパートナーシップ」を形成します。

テクノロジーと人間力の融合

3PLを実践する物流事業者には、多くの場合大きな弱点が見受けられます。それはシステムに頼り全体運用がパッケージ化されていることによって起こるデメリットです。

荷主企業において日常的に発生する「荷物の変更」「集荷地や配送先の変更」「日時指定、予定日の変更」など、直前での急なリクエストに応えるためには「アナログ操作」の質の高さが求められます。

HRLs/OS3PLという独自のオペレーションはシステムに全面的に依存することなく、瞬時に窓口一本で完結することを可能としています。

ヒト中心の仕組みだからこそ出来る一味違った3PLサービスをワンストップで叶える…それが北信リアルロジスティクスシステムです。

ハードウェア

ソフトウェア

ヒューマンウェア

車両計86台、倉庫総面積2,342㎡、現在車両増車と次世代型新倉庫「ハイブリッド定温倉庫」を計画中。

運行管理システムとして信頼性の高いYAZAKIのEWSTRA-WEBを活用し、運行状況を常時管理し遅延や事故を防ぎながら安全運行に努めています。

また、当社オリジナルの配車システムを開発、様々な改良を重ね配車業務のペーパーレス化を実現。紙ベースやホワイトボードなどによる配車に起こりがちなオーバーブッキングや配車漏れを排除し、より確実性の高い受注管理を徹底しています。

ESTRA-WEB

求められるのは「人間力」

高品位な物流プランの策定と実行には、蓄積されたノウハウとスキル、そして柔軟性が求められます。

さらに、物流従事者としての責任とプライドを片時も忘れない「人間力」を併せ持つことで、ドライバーや作業員、事務スタッフなどの垣根を超え、企業人としての誇りを持った「現場人間力」は初めて完成します。

お客さまのあらゆるニーズに応えられる「人間力」、それが当社が誇る「ヒューマンウェア」です。

TRANSPORT

運送事業

目標は“常時国網羅”

長距離 × 拠点 × 提携で、

いつだって、何処へでも。

 

柔軟な発想で2024年に備え、

ピンチをチャンスにえる。

 

いわゆる『2024年問題』 は物流事業者だけに限ったことではありません。

物流業者が策定する様々な対策は、確実に荷主企業の利便性をも低下させることになります。

多くの物流事業者が講じる三つの対策について

「① 省力化・省人化」はサービス品質の低下を、

「② 高付加価値化」はコストアップを、

「③ 事業規模の拡大」はサービス規模の縮小を、

 それぞれ荷主企業や消費ニーズにとって大きな不都合を招きます。

 

2024年以降も荷主企業が求める恒久的なサービスを提供し続けるためには、

カタチやシステム・規模にとらわれない拠点構築やアライアンス編成が不可欠。

 

わたしたち北信運輸は、

他社とは一線を画す独自戦略で顧客ニーズに応え続けます。

拠点提携先募集中 》

物流のご相談はコチラ 》

STORAGE SERVICE

倉庫事業

優れた張性と抜群のロケーション

あらゆるカテゴリで、

より践的なSCMが叶う。

 

シンプルで再現性豊かな

実践的SCMをスピーディに構築。

 

SCM(サプライチェーンマネジメント)はグローバル企業だけの概念ではありません。

日々変化する荷主企業の案件規模やニーズに高いレスポンスで応えるためには

「全体構築」よりも「個別対応」が断然有利なのはいうまでもありません。

 

また、「ちょっとの期間だけ預かってほしい」「夜中や休日も出荷出来る?」「どんな物でも預かれる?」など、

荷主企業のあらゆる要望に柔軟に対応するためにはキャパシティとスペックのみならず、

ハンドリングしやすいパーティション管理と時短条件が揃っていなければなりません。

 

わたしたち北信運輸のストレージサービスは、優れた拡張性と抜群のアクセスで

あらゆるニーズに最適なパフォーマスをご提供いたします。

北信運輸では現在、恵まれたロケーションを活用し

徹底した品温管理を多層構造で構築可能な「ハイブリッドストレージ・プロジェクト」が始まっています。

医薬品、化粧品、原料バルクや末端流通製品はもちろん、

シビアな温度管理が要求される食品や飲料など、

高温多湿、寒冷、豪雪、降雨量といった地域特有の環境に対応することはもちろん、

それぞれ理想とする温度・湿度をアイテム別に独立したコントロールを可能とした、

新たなコンセプトの次世代型ストックサービスを展開する予定です。

「こんなこと出来る

〜 そこから始まる新たな信頼関係 〜

創業以来、いかなる難題も持ち前のチャレンジスピリットで解決してきました。

地域の皆様に育てていただきながら共に歩んで半世紀、

まだまだ私たちには出来ない事の方が多いのが現実です。

でもそれは「大いなる伸びしろがある」ということ。

 

「まだまだ出来る!」

あくなき向上心、それが私たち北信運輸の原動力です。

そこに「やるべきシゴト」があるなら

全速力でカタチに変えて、

最高のサービスを提供する。

そこに「やるべきシゴト」があるなら

全速力でカタチに変えて、

最高のサービスを提供する。

そこに「やるべきシゴト」があるなら

全速力でカタチに変えて、

最高のサービスを提供する。

こだわりは“ 顧客足指数 ”

荷物の変更、集荷地や配送先の変更、日時指定の変更など、

パートナーの急なリクエストに瞬時に窓口一本で完結できる。

それがHRLs /北信リアルロジスティクスです。

リアルロジスティクスで紡ぐ、

理想のパートナーシップ。

 

ロジスティクスという概念を実践し実際にサービスとして具現化するために必要なこと、

それは「強靭なフィジカル」と「企業人格」です。

 

人と車はもちろん、倉庫や機器・システム、ノウハウに至るまで、

さまざまなジャンルのあらゆるニーズに応え得る基礎体力がなければ、

どんなに優れたプランや理念を掲げても「絵に描いた餅」に過ぎません。

 

わたしたち北信運輸が半世紀にわたって積み上げてきた経験、

そしてゆるぎない信念は、人のチカラに帰結します。

 

最良のサービスで構成される「HRLs(北信リアルロジスティクスシステム)」は、

物流のレスポンスと再現性にこだわり、より実践向けに追求した独自のサービス体制。

 

スピード感を持って、持続可能かつ再現性豊かな「理想のパートナーシップ」を形成します。

テクノロジーと人間力の融合

3PLを実践する物流事業者には、多くの場合大きな弱点が見受けられます。それはシステムに頼り全体運用がパッケージ化されていることによって起こるデメリットです。

荷主企業において日常的に発生する「荷物の変更」「集荷地や配送先の変更」「日時指定、予定日の変更」など、直前での急なリクエストに応えるためには「アナログ操作」の質の高さが求められます。

HRLs/OS3PLという独自のオペレーションはシステムに全面的に依存することなく、瞬時に窓口一本で完結することを可能としています。

ヒト中心の仕組みだからこそ出来る一味違った3PLサービスをワンストップで叶える…それが北信リアルロジスティクスシステムです。

ハードウェア

ソフトウェア

ヒューマンウェア

車両計86台、倉庫総面積2,342㎡、現在車両増車と次世代型新倉庫「ハイブリッド定温倉庫」を計画中。

運行管理システムとして信頼性の高いYAZAKIのEWSTRA-WEBを活用し、運行状況を常時管理し遅延や事故を防ぎながら安全運行に努めています。

また、当社オリジナルの配車システムを開発、様々な改良を重ね配車業務のペーパーレス化を実現。紙ベースやホワイトボードなどによる配車に起こりがちなオーバーブッキングや配車漏れを排除し、より確実性の高い受注管理を徹底しています。

ESTRA-WEB

求められるのは「人間力」

高品位な物流プランの策定と実行には、蓄積されたノウハウとスキル、そして柔軟性が求められます。

さらに、物流従事者としての責任とプライドを片時も忘れない「人間力」を併せ持つことで、ドライバーや作業員、事務スタッフなどの垣根を超え、企業人としての誇りを持った「現場人間力」は初めて完成します。

お客さまのあらゆるニーズに応えられる「人間力」、それが当社が誇る「ヒューマンウェア」です。

TRANSPORT

運送事業

目標は“常時国網羅”

長距離 × 拠点 × 提携で、

いつだって、何処へでも。

 

柔軟な発想で2024年に備え、

ピンチをチャンスにえる。

 

いわゆる『2024年問題』 は物流事業者だけに限ったことではありません。

物流業者が策定する様々な対策は、確実に荷主企業の利便性をも低下させることになります。

多くの物流事業者が講じる三つの対策について

「① 省力化・省人化」はサービス品質の低下を、

「② 高付加価値化」はコストアップを、

「③ 事業規模の拡大」はサービス規模の縮小を、

 それぞれ荷主企業や消費ニーズにとって大きな不都合を招きます。

 

2024年以降も荷主企業が求める恒久的なサービスを提供し続けるためには、

カタチやシステム・規模にとらわれない拠点構築やアライアンス編成が不可欠。

 

わたしたち北信運輸は、

他社とは一線を画す独自戦略で顧客ニーズに応え続けます。

拠点提携先募集中 》

物流のご相談はコチラ 》

STORAGE SERVICE

倉庫事業

優れた張性と抜群のロケーション

あらゆるカテゴリで、

より践的なSCMが叶う。

 

シンプルで再現性豊かな

実践的SCMをスピーディに構築。

 

SCM(サプライチェーンマネジメント)はグローバル企業だけの概念ではありません。

日々変化する荷主企業の案件規模やニーズに高いレスポンスで応えるためには

「全体構築」よりも「個別対応」が断然有利なのはいうまでもありません。

 

また、「ちょっとの期間だけ預かってほしい」「夜中や休日も出荷出来る?」「どんな物でも預かれる?」など、

荷主企業のあらゆる要望に柔軟に対応するためにはキャパシティとスペックのみならず、

ハンドリングしやすいパーティション管理と時短条件が揃っていなければなりません。

 

わたしたち北信運輸のストレージサービスは、優れた拡張性と抜群のアクセスで

あらゆるニーズに最適なパフォーマスをご提供いたします。

北信運輸では現在、恵まれたロケーションを活用し

徹底した品温管理を多層構造で構築可能な「ハイブリッドストレージ・プロジェクト」が始まっています。

医薬品、化粧品、原料バルクや末端流通製品はもちろん、

シビアな温度管理が要求される食品や飲料など、

高温多湿、寒冷、豪雪、降雨量といった地域特有の環境に対応することはもちろん、

それぞれ理想とする温度・湿度をアイテム別に独立したコントロールを可能とした、

新たなコンセプトの次世代型ストックサービスを展開する予定です。

「こんなこと出来る

〜 そこから始まる新たな信頼関係 〜

創業以来、いかなる難題も持ち前のチャレンジスピリットで解決してきました。

地域の皆様に育てていただきながら共に歩んで半世紀、

まだまだ私たちには出来ない事の方が多いのが現実です。

でもそれは「大いなる伸びしろがある」ということ。

 

「まだまだ出来る!」

あくなき向上心、それが私たち北信運輸の原動力です。

こだわりは

“ 顧客足指数 ”

荷物の変更、集荷地や配送先の変更、

日時指定の変更など、

パートナーの急なリクエストに

瞬時に窓口一本で完結できる。

それがHRLs /北信リアルロジスティクスです。

リアルロジスティクスで紡ぐ、

理想のパートナーシップ。

ロジスティクスを実践し実際にサービスとして具現化するために必要なこと、それは「強靭なフィジカル」と「企業人格」です。

人と車はもちろん、倉庫や機器・システム、ノウハウに至るまで、さまざまなジャンルのあらゆるニーズに応え得る基礎体力がなければ、どんなに優れたプランや理念を掲げても「絵に描いた餅」に過ぎません。

わたしたち北信運輸が半世紀にわたって積み上げてきた経験、そしてゆるぎない信念は、人のチカラに帰結します。

 

最良のサービスで構成される「HRLs(北信リアルロジスティクスシステム)」は、物流のレスポンスと再現性にこだわり、より実践向けに追求した独自のサービス体制。スピード感を持って、持続可能かつ再現性豊で恒久的な「理想のパートナーシップ」を形成します。

テクノロジーと人間力の融合

3PLを実践する物流事業者には、多くの場合大きな弱点が見受けられます。それはシステムに頼り全体運用がパッケージ化されていることによって起こるデメリットです。

荷主企業において日常的に発生する「荷物の変更」「集荷地や配送先の変更」「日時指定、予定日の変更」など、直前での急なリクエストに応えるためには「アナログ操作」の質の高さが求められます。

HRLs/OS3PLという独自のオペレーションはシステムに全面的に依存することなく、瞬時に窓口一本で完結することを可能としています。

ヒト中心の仕組みだからこそ出来る一味違った3PLサービスをワンストップで叶える…それが北信リアルロジスティクスシステムです。

求められるのは「人間力」

高品位な物流プランの策定と実行には、蓄積されたノウハウとスキル、そして柔軟性が求められます。さらに、物流従事者としての責任とプライドを片時も忘れない「人間力」を併せ持つことで、ドライバーや作業員、事務スタッフなどの垣根を超え、企業人としての誇りを持った「現場人間力」は初めて完成します。

あらゆるニーズに応えられる人間力をヒューマンウェアと位置付け、万全の体制でサービスを展開しています。

ソフトウェア

運行管理システムとして信頼性の高いYAZAKIのEWSTRA-WEBを活用し、運行状況を常時管理し遅延や事故を防ぎながら安全運行に努めています。

ESTRA-WEB

また、当社オリジナルの配車システムを開発、様々な改良を重ね配車業務のペーパーレス化を実現。紙ベースやホワイトボードなどによる配車に起こりがちなオーバーブッキングや配車漏れを排除し、より確実性の高い受注管理を徹底しています。

TRANSPORT

運送事業

目標は“常時国網羅”

長距離 × 拠点 × 提携で、

いつだって、何処へでも。

柔軟な発想でとことんむ。

きっとげる、やりげる。

2024年問題において物流業者が策定するさまざまな対策によるサービス品質の低下やサービス規模の縮小は、荷主企業や消費ニーズにとって極めて深刻な事態を招くことになります。

どのような状況下においても、荷主企業が求める恒久的なサービスを提供し続けるためには、カタチやシステム・規模にとらわれない拠点構築やアライアンス編成が不可欠。

たとえどんな困難が待ち受けていたとしても、わたしたち北信運輸は、他社とは一線を画す独自戦略で顧客ニーズに応え続けます。

物流のご相談はコチラ 》

拠点提携先募集中 》

STORAGE SERVICE

倉庫事業

優れた張性と

抜群のロケーション

あらゆるカテゴリで、

より践的なSCMが叶う。

シンプルで再現性豊かな

実践的SCMをスピーディに構築。

SCM(サプライチェーンマネジメント)はグローバル企業だけの概念ではありません。日々変化する荷主企業の案件規模やニーズに高いレスポンスで応えるためには「全体構築」よりも「個別対応」が断然有利なのはいうまでもありません。

「ちょっとの期間だけ預かってほしい」「夜中や休日も出荷出来る?」「どんな物でも預かれる?」など、荷主企業のあらゆる要望に柔軟に対応するためにはキャパシティとスペックのみならず、ハンドリングしやすいパーティション管理と時短条件が揃っていなければなりません。

 

わたしたち北信運輸のストレージサービスは、優れた拡張性と抜群のアクセスで、あらゆるニーズに最適なパフォーマスをご提供いたします。

上記のほか提携企業の倉庫を活用するなど、あらゆるニーズに対応可能。現在、冷凍冷蔵倉庫との業務提携も推進中、低温度帯の品温管理が必要な食品原料や加工品などの3PLサービスの展開を計画中です。

NEW PROJECT

NEW PROJECT

NEW PROJECT

次世代型ストックサービス

次世代型ストックサービス

次世代型ストックサービス

北信運輸では現在、恵まれたロケーションを活用し「徹底した品温管理を多層構造で構築可能」とした他に類を見ない新たなコンセプトの「ハイブリッドウェアハウス・プロジェクト」が始まっています。

医薬品や化粧品、原料バルクや末端流通製品はもちろん、シビアな温度管理が要求される食品や飲料など、高温多湿、寒冷、豪雪、降雨量といった地域特有の環境に対応する次世代型ストックサービスの提供が可能となります。

「こんなこと出来る

そこから始まる

新たな頼関係

創業以来、いかなる難題も持ち前のチャレンジスピリットで解決してきました。

地域の皆様に育てていただきながら共に歩んで半世紀、まだまだ私たちには出来ない事の方が多いのが現実です。でもそれは「大いなる伸びしろがある」ということ。

 

「まだまだ出来る!」

あくなき向上心、それが私たち北信運輸の原動力です。

そこに「やるべきシゴト」があるなら

全速力でカタチに変えて、

最高のサービスを提供する。

こだわりは

“ 顧客足指数 ”

荷物の変更、集荷地や配送先の変更、

日時指定の変更など、

パートナーの急なリクエストに

窓口一本で完結できる。

それがHRLs /北信リアルロジスティクスです。

リアルロジスティクスで紡ぐ、

理想のパートナーシップ。

ロジスティクスを実践し実際にサービスとして具現化するために必要なこと、それは「強靭なフィジカル」と「企業人格」です。

人と車はもちろん、倉庫や機器・システム、ノウハウに至るまで、さまざまなジャンルのあらゆるニーズに応え得る基礎体力がなければ、どんなに優れたプランや理念を掲げても「絵に描いた餅」に過ぎません。

わたしたち北信運輸が半世紀にわたって積み上げてきた経験、そしてゆるぎない信念は、人のチカラに帰結します。

 

最良のサービスで構成される「HRLs(北信リアルロジスティクスシステム)」は、物流のレスポンスと再現性にこだわり、より実践向けに追求した独自のサービス体制。スピード感を持って、持続可能かつ再現性豊で恒久的な「理想のパートナーシップ」を形成します。

テクノロジーと人間力の融合

3PLを実践する物流事業者には、多くの場合大きな弱点が見受けられます。それはシステムに頼り全体運用がパッケージ化されていることによって起こるデメリットです。

荷主企業において日常的に発生する「荷物の変更」「集荷地や配送先の変更」「日時指定、予定日の変更」など、直前での急なリクエストに応えるためには「アナログ操作」の質の高さが求められます。

HRLs/OS3PLという独自のオペレーションはシステムに全面的に依存することなく、瞬時に窓口一本で完結することを可能としています。

ヒト中心の仕組みだからこそ出来る一味違った3PLサービスをワンストップで叶える…それが北信リアルロジスティクスシステムです。

求められるのは「人間力」

高品位な物流プランの策定と実行には、蓄積されたノウハウとスキル、そして柔軟性が求められます。さらに、物流従事者としての責任とプライドを片時も忘れない「人間力」を併せ持つことで、ドライバーや作業員、事務スタッフなどの垣根を超え、企業人としての誇りを持った「現場人間力」は初めて完成します。

あらゆるニーズに応えられる人間力をヒューマンウェアと位置付け、万全の体制でサービスを展開しています。

ソフトウェア

運行管理システムとして信頼性の高いYAZAKIのEWSTRA-WEBを活用し、運行状況を常時管理し遅延や事故を防ぎながら安全運行に努めています。

ESTRA-WEB

また、当社オリジナルの配車システムを開発、様々な改良を重ね配車業務のペーパーレス化を実現。紙ベースやホワイトボードなどによる配車に起こりがちなオーバーブッキングや配車漏れを排除し、より確実性の高い受注管理を徹底しています。

TRANSPORT

運送事業

目標は“常時国網羅”

長距離 × 拠点 × 提携で、

いつだって、何処へでも。

柔軟な発想でとことんむ。

きっとげる、やりげる。

2024年問題において物流業者が策定するさまざまな対策によるサービス品質の低下やサービス規模の縮小は、荷主企業や消費ニーズにとって極めて深刻な事態を招くことになります。

どのような状況下においても、荷主企業が求める恒久的なサービスを提供し続けるためには、カタチやシステム・規模にとらわれない拠点構築やアライアンス編成が不可欠。

たとえどんな困難が待ち受けていたとしても、わたしたち北信運輸は、他社とは一線を画す独自戦略で顧客ニーズに応え続けます。

物流のご相談はコチラ 》

拠点提携先募集中      》

STORAGE SERVICE

倉庫事業

優れた張性と

抜群のロケーション

あらゆるカテゴリで、

より践的なSCMが叶う。

シンプルで再現性豊かな

実践的SCMをスピーディに構築。

SCM(サプライチェーンマネジメント)はグローバル企業だけの概念ではありません。日々変化する荷主企業の案件規模やニーズに高いレスポンスで応えるためには「全体構築」よりも「個別対応」が断然有利なのはいうまでもありません。

「ちょっとの期間だけ預かってほしい」「夜中や休日も出荷出来る?」「どんな物でも預かれる?」など、荷主企業のあらゆる要望に柔軟に対応するためにはキャパシティとスペックのみならず、ハンドリングしやすいパーティション管理と時短条件が揃っていなければなりません。

 

わたしたち北信運輸のストレージサービスは、優れた拡張性と抜群のアクセスで、あらゆるニーズに最適なパフォーマスをご提供いたします。

上記のほか提携企業の倉庫を活用するなど、あらゆるニーズに対応可能。現在、冷凍冷蔵倉庫との業務提携も推進中、低温度帯の品温管理が必要な食品原料や加工品などの3PLサービスの展開を計画中です。

NEW PROJECT

次世代型ストックサービス

北信運輸では現在、恵まれたロケーションを活用し「徹底した品温管理を多層構造で構築可能」とした他に類を見ない新たなコンセプトの「ハイブリッドウェアハウス・プロジェクト」が始まっています。

医薬品や化粧品、原料バルクや末端流通製品はもちろん、シビアな温度管理が要求される食品や飲料など、高温多湿、寒冷、豪雪、降雨量といった地域特有の環境に対応する次世代型ストックサービスの提供が可能となります。

「こんなこと出来る

そこから始まる

新たな頼関係

創業以来、いかなる難題も持ち前のチャレンジスピリットで解決してきました。

地域の皆様に育てていただきながら共に歩んで半世紀、まだまだ私たちには出来ない事の方が多いのが現実です。でもそれは「大いなる伸びしろがある」ということ。

 

「まだまだ出来る!」

あくなき向上心、それが私たち北信運輸の原動力です。